ウマ娘 プリティーダービー

育成シミュレーションゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が登場! 奥深い育成システムとハイクオリティな3Dで表現されるウマ娘の世界を楽しもう!

40ratings
  • 開発:Cygames, Inc.
    発売:2021年2月21日リリース

  • ジャンル: 競馬ゲーム
    プラットフォーム: iOS
    無料(¥0

スクリーンショット

  • https://gamblapps.net/assets/img/app_image/3776378c66ac225f8c8fd1f0a58fc9d9_392x696bb.jpg
  • https://gamblapps.net/assets/img/app_image/398f378a2cce5f8b85a6d28bd5fe1e16_392x696bb.jpg
  • https://gamblapps.net/assets/img/app_image/160dc66e48503766cdb9d015291f75f8_392x696bb.jpg
  • https://gamblapps.net/assets/img/app_image/2f5d6dcffbc0317ba0755876dbbb0b34_392x696bb.jpg
  • https://gamblapps.net/assets/img/app_image/bb55af072bb6c48cdcb86e5d75f5377e_392x696bb.jpg
  • https://gamblapps.net/assets/img/app_image/51ee2d64231ddcc7498b27f7f71090e9_392x696bb.jpg
 

最新の口コミ

1、2週間くらいは面白い。
もう飽きました。

※試行回数約300回程度

※業務経験に伴う見解

見かけの華やかさに惑わされそうになるが、これ程にまでユーザーを馬鹿にしたゲームは他にはない。

この会社のコンテンツなのでガチャの渋さは言わずもがなだが、それ以上に"キャラ育成がまるでできない"。いや、させる気がないとまで言える。

キャラの育成では各ステータスごとにトレーニングを行うことができる。しかし、これに設定されている"失敗率"が表記以上に明らかに高すぎる。

比較として、同ガチャ10連にてSSRの当選率は26.3%、目玉は7.3%と見積もれるのだが、これらの数値よりも低い失敗率であっても頻繁に異常にトレーニングが失敗する。

更には、キャラのやる気を下げるイベントが多発し、ただでさえ貴重な育成時間をこの維持に費やすことになる。そして、やる気を下げるイベントが頻発する割に上げるイベントはまるで発生しないと言ってよいほど限られている。

また、トレーニング実行に必要な体力もろくに回復しない。回復を実行してもほぼ下限程度のみ。

結果、ユーザーがどれだけ楽しみにキャラ育成を行っても、トレーニングを半ば強制的に阻まれ、理不尽に育成時間を削がれ、ろくにキャラ育成を終えることができない。

一度の育成には、5時間分のポイントが必要なため、1日にできて3、4回であり、その内1回でも何事もなく育成を終えられれば運の良い方。上記の不当な調整により、例え育成の最適解を知っていたとしても直近1週間でまともに育成出来たのは2回程度の有様。

育成は課金要素ではないから問題ないのではと思うかもしれないが、それは間違いである。

育成に必要な上記ポイントを石(ゲーム内通貨)を砕いて回復できる仕様がある以上、この様な悪質で姑息でクリエイターの名折れな愚行は見過ごしてはならない。

仮に、この確率調整がリリース当初からなされていたとしたなら、こ

ステータスで圧倒的に勝っているのに、同じ作戦のウマ娘に付いていかない所か、違う作戦のウマ娘と同じ位置で走ったり、スタミナが切れていない状態で、前に垂れ馬が居ないのに他の垂れ馬と一緒に後退してから、スパートをかけて1着を逃したりと、ウマ娘の挙動が本当に謎いレースが時々出現します。

多分ですが、レース前にサーバーと接続して情報のやり取りをしている様なので、ここでパケロスとかそこら辺の何かが起こるとこうなるのかもしれないです。(知らんけど)

とりあえず、手塩にかけて育てたウマ娘が変な挙動するのは気持ち的に辛いので、どうにかして欲しいところです。

よく評価されている口コミ

某野球児育成ゲームが大好きなので、始めてみました。しばらく遊んでみての感想です。長くなります。

いい点
・爆弾爆発による一発アウトがない
 この手の育成ゲームで、最も私がストレスを感じていた爆弾という概念がないのは素晴らしい。なけなしのアイテムなどを使った上振れ狙いに限ってあるいは調子よくすすめている時に限って…ということがない。

・今のところ配布多め
常設、限定ミッションによる配布量がそこそこ多く、貯めれば余裕で天井近くまで引けるので、我慢できる方にはいいかと。

・SRが有能(最上位レアはssr)
このゲームは自前5枚+フレンド1枚、育成用カードを使って育成します。基本的にはssrが強いですが、本領発揮するためには同じカードを何枚も集めなければなりません。その点、SRは10連ガチャで1枚確定なためそこそこ排出されますし、完凸SR>無凸ssr ですし、2.3凸でも十分使えます。

・馬を知れる
かなり前の馬も登場していますが、全く競馬を知らなかった私にとっては新鮮です。

改善してほしい、不安点
・病気、やる気低下率
爆弾が無い代わりに、なのかもしれませんがら病気ややる気低下率が非常に高いです。もう少し和らげていただけるとありがたい。

・排出率低め
最高レアの排出率は低めです。天井は見えないこともないですが、石0から天井まで狙おうとするとかなりの課金が必要。日頃の節制が必要不可欠。額からしても天井は100連あるいは150連でもいいと思います。

・今後の展望
どの程度ロードマップが出来上がっているか知らないのですが、アニメの終了やアプリのブームが下火になっていった時、どのような策があるのかは不安材料ではあります。短期でサービス終了も可能性として考える必要があるのかなと。

この『ウマ娘プリティーダービー』(以下、『ウマ娘』)は、当初は2018年の冬に配信される予定で、同年春にはアニメ版『ウマ娘』が放送されており、恐らくアニメからゲームという流れを作ろうとしたのであろうが、肝心のゲームが、開発延期を発表されてしまい、事前登録からリリースまで約3年掛かってしまう事となった。
そして待ちに待った2021年2月24日。
多くの人々の期待と好奇の視線を一身に受け、このゲーム版『ウマ娘』は遂にリリースされた。
ここでようやく本題に入るのだが、ゲーム版『ウマ娘』で私が最も高く評価しているのは、ズバリ『育成ゲームとしての程よい難易度』である。
世のソーシャルゲームはレア度が高いキャラクターのほうがレア度が低いキャラクターよりも強い傾向にあり、本作も一見すると高レアキャラの方が育てやすいと思われがちだ。
しかし、実際には低レアキャラの方が初心者にとっては育成しやすく、むしろ序盤は低レアキャラで育成に慣れた方が、高レアキャラを育成する際の参考になる。
話が長くなるので割愛するが、むしろ本作で重要視されるのは、いかに育成したいキャラの育成方針に合ったサポートカードを編成するか、という点であると思う。
このサポートカードも、高レアカードは必ずしも無理して引く必要は無く、育成の際は他のユーザーから借りることも可能だ。
長くなってしまったが、無論本作の魅力はゲームとしてのバランスだけでなく、ウマ娘たちの美麗な3Dモデリング、迫力あるレースシーン、バラエティ豊かな楽曲、ウマ娘たちとの物語などが高いクォリティで表現されている点も述べておきたい。
もう私には本作の魅力を伝え切る語彙力、文章力がないので、これ以上は述べきれないが、ここまで原典と言える競走馬達や馬主をはじめとする関係者の皆様に対する敬意を感じるゲームであると私は思う。
我々ユーザーはこのゲームを3年も待った甲斐が

私はどちらかと言えばPS4やPCでマルチプレイ要素のあるFPSやスポーツゲーム、PCのシミュレーションが好きなゲーマーです。(競馬ファンでもあります。)
スマホゲーの印象はコンシューマーゲームとは違いゲーム性というよりは時間潰しや別の価値を付与することでプレイヤーを満足させるというものでした。
ウマ娘については競馬、競馬ゲームが好き、アニメ1期も見ていたので楽しみにしていたのですが、それを差し引いてもゲームの完成度は脱帽です。

①システムはパワプロのサクセスモードをベースにしており、そこにサポートカードや個性豊かな育成キャラ毎の成長譚を付与する事でより中毒性の高いものになっている。キャラとサポートカードはガチャだが無課金、重課金に関わらず、自分の手持ちのカードの中で工夫が求められ高いゲーム性を担保している。
②表情や細かい仕草、CGキャラのクオリティがず抜けている。単なるかけっこでしかないレースが少年マンガばりの熱い戦いの場となる、レースに勝つとゲーム本編には何も影響はないが、何故か育成キャラがアイドルばりにセンターでライブをする。(見ずに飛ばせるが、クリア後のライブはなかなか感慨深いものがある。)動きやカメラワークが凝りに凝っていて、サブモードで十数人のバックダンサーまで設定できるとはまさに狂気ともいえるこだわりである。
③育成したキャラは最大15キャラでチームを組んで他プレイヤーとのレースができる。自分なりに工夫して育てたキャラが活躍する満足感、時に惨敗しより強いウマ娘をという渇望が次の育成のモチベーションとなる。
④レースバランスの良さ。競馬ゲームは逃げ、先行、差し、追込といった戦法に偏りが発生しがちで、良い意味での実際の競馬さながらの偶然性をシミュレートすることに常に苦労してきた歴史があるが、そういった点においてもどんなタイプでも勝つことができ、時に圧倒的な能力で

ウマ娘 プリティーダービー

育成シミュレーションゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が登場! 奥深い育成システムとハイクオリティな3Dで表現されるウマ娘の世界を楽しもう!

4
育成シミュレーションゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が登場!
奥深い育成システムとハイクオリティな3Dで表現されるウマ娘の世界を楽しもう!

◆イントロダクション
『ウマ娘』。彼女たちは、走るために生まれてきた。
ときに数奇で、ときに輝かしい歴史を持つ別世界の名前と共に生まれ、
その魂を受け継いで走るーー。それが、彼女たちの運命。
この世界に生きるウマ娘の未来のレース結果は、まだ誰にもわからない。
彼女たちは走り続ける。瞳の先にあるゴールだけを目指してーー。

◆様々な個性と魅力を持つ美少女「ウマ娘」をどう育てるかはトレーナー次第!
目指すは夢の大舞台!トレーナーとして担当するウマ娘と目標とするレースでの勝利を目指し、日々トレーニングやコミュニケーションを取りながら、二人三脚で夢を叶えましょう!

◆あの競走馬たちのドラマが甦る!
史実をモチーフに一人一人のストーリーが展開されます!
スペシャルウィーク(CV:和氣あず未)
サイレンススズカ(CV:高野麻里佳)
トウカイテイオー(CV: Machico)
オグリキャップ(CV:高柳知葉) 
ゴールドシップ(CV:上田瞳)  
ウオッカ(CV:大橋彩香) 
ダイワスカーレット(CV:木村千咲) 
メジロマックイーン(CV:大西沙織)
シンボリルドルフ(CV:田所あずさ) 
ライスシャワー(CV:石見舞菜香) 
ハルウララ(CV:首藤志奈)
ナイスネイチャ(CV: 前田佳織里) 
など歴史に名を残す名馬たちが多数登場!
60人以上のウマ娘たちがあなたを待っています!

◆ハイクオリティな3Dが生み出す迫力のレースと圧巻のライブ演出!
最大18人のウマ娘が1着を目指してレースに挑みます!本物さながらの臨場感溢れる実況とともに担当ウマ娘の勝利を見届けましょう!
さらに、レースに勝ったウマ娘に待つのは「ウイニングライブ」!様々な楽曲と演出がウマ娘のライブパフォーマンスを盛り上げます!

◆公式Twitter
https://twitter.com/uma_musu

◆公式サイト
https://umamusume.jp/

◆推奨端末
iOS 11.0 以上を搭載した以下のiOS端末
iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPad (第6世代) 、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPad Pro 11インチ、iPad Pro (第3世代) 12.9インチ、iPad Air 3、iPad mini 5、iPhone 11、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPad (第7世代) 、iPad Pro (第2世代) 11インチ、iPad Pro (第4世代) 12.9インチ、iPhone SE (第2世代) 、iPad (第8世代) 、iPad Air (第4世代) 、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Mini

ウマ娘 プリティーダービーに対するレビュー

ウマ娘 プリティーダービー

育成シミュレーションゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が登場! 奥深い育成システムとハイクオリティな3Dで表現されるウマ娘の世界を楽しもう!

4